定着するペットの葬儀|最も犬の病気で多いのは皮膚病|ペットの様子に異変があるなら病院へ
犬と猫

最も犬の病気で多いのは皮膚病|ペットの様子に異変があるなら病院へ

定着するペットの葬儀

お線香

葬儀というと亡くなった人間の方の葬儀を想像される人が多いですが、最近は亡くなったペット(動物)の葬儀を行う人が増えています。これまでペット葬儀というと、自宅の庭に埋葬したりするだけというのが一般的でしたが、最近は人間の葬儀さながらの儀式をペットの為に行う人が増えてきているのです。ペット葬儀が普及してきた背景としては、ペットの葬儀プランを提供する葬儀会社が増えた事が挙げられます。ペットを我が子と同じように扱ってきた人達にとってみればペットの死というのは重要なイベントであり、亡くなった人間と同様に見送ってあげたいと思うものですが、これまではペット葬儀を取り扱う業者は殆どいませんでした。しかし、こうしたニーズを受け、ペット葬儀を扱う業者が増えたのです。

ペット葬儀を行う上での注意点は、まず第一に相応の費用がかかるという点です。人間の葬儀ほどの費用はかかりませんが、それでも会場を借りて人を招待して行うペット葬儀などでは数十万円規模の費用がかかります。この点、人間の葬儀であれば参列者から貰う香典で費用の一部を賄う事ができますが、ペット葬儀ではこうした香典は期待できないため、開催者が全て費用を賄う必要があります。また、ペットは飼っていた本人にとっては馴染みがありとても大切な存在ですが、参列する第三者は飼い主ほど思い入れや愛着はないため、人間の葬儀に比べるとやや儀式の重みに欠ける傾向があります。尚、葬儀の後に人間同様墓地に埋葬する場合は、別途費用が必要になるので注意が必要です。